2006年 10月 23日

アクセサリシューに取り付けるタイプの2ウェイ水準器(レベラー)

CCDの輝点が見つかったので、GR DIGITALをサービスセンターに入院させました。その間、水準器なんていう便利アイテムを購入して退院を待つことにしました。水準器なんて、普通の人は近所のカメラ屋さんで適当に買って、ただ使うのみなのでしょう。でも、ここはちょっとネットで下調べをして、軽く比較検討してみました。ターゲットはアクセサリシューに取り付けるタイプの2ウェイ水準器です。

堀内カラー
エツミ
Hama
Cullmann

堀内カラーのだけが無色透明で、あとのは液体が着色(黄緑色)されているようです。別に暗闇で発光するような蛍光色ではありませんが、色つきのほうが見やすいような気分にさせてくれます。実用上は色なしでも問題ない気もしますが。

堀内カラーのとエツミのは、色の違いとロゴの有無以外はまったく同じものに見えます。長辺の脚(シューへの取り付け部)が長いので、長辺側で取り付けたときに手前に出っ張るのは避けられません。Caplio GX8のような、ファインダーつきの小型カメラだと、おでこをぶつけそうです。想像するに、シュー以外の用途を考慮したためかもしれません。

HamaのとCullmannのは、長辺の脚が短くなっていて、手前に出っ張ることはありません。堀内カラーやエツミのと比べて、モールドラインが多いような気がしますが、まあ実用上は問題ないです。

Cullmannのだけは角が丸くなっていて、なんとなく安心感があります。ただ、水準器ごときにちょっと高いんじゃないのという値段ではあります。

結局、どれにしたかというと、角が丸いのに惹かれてCullmannのを買いました(¥4,030)。店頭でいくつか見たかぎりでは、モールドラインだけでなく、ウェルドラインも見られました。ここまではいいとしても、実物を手にしてみると、普通にキズがありました(笑)。実用上は問題なしです。

見た目でいうと、堀内カラーのがきれいそうだし、取り付けたときの変な主張がなくていいかもしれませんね。このなかでは値段が一番安いのに、「日本製、ハンドメイド」というのもグッとくるものがあります。

ところで、水準器の個人的な使い方としては、左右の水平さえとれれば前後はどうでもいいと思います。パノラマは別として、風景撮影ではむしろ、意図的にどちらかに振ることが多いですよね。ただ、縦位置のときにも左右の水平は欲しいので、いわゆる2ウェイタイプになってしまいます。2箇所に脚をつけるときの方向次第でコンパクトなシングルバブル方式でも作れるはずですが、そのような商品は見当たりませんでした。以下は、縦位置のときに左右の水平がとれないタイプになります。

Hama
ユーエヌ(プリズム型)

ユーエヌのは、これはこれで用途によってはこれしかないという個性的な逸品と思います。

以下、参考にさせていただいたページです。

http://blog.goo.ne.jp/four_green_leaves/e/ca5fb9184626c44b2165a3d6fe0d165e
http://blog.goo.ne.jp/eos_10d/e/67f22e80dcccd01dc2b6763891087518
http://auphoto.exblog.jp/2272028/
http://miyack.exblog.jp/3392698/
http://park15.wakwak.com/~sernef/zakkann/suihei.htm
[PR]

by gr_digital | 2006-10-23 09:39


<< 自衛隊モデルとフランス軍モデル...      マイナスイオン >>